なんとなく、暮らしてる

800文字程度の雑文

スパロボがつまらなくなった理由

スパロボがつまらなくなった理由は、チャラい作品が大量に参入するようになったから。
というと必ずチャラさってなんだよという話になる。それは感覚の話なので人によって違うからだ。
が、スパロボを第四次くらいから追いかけていれば自然と身につく感覚でもある。
俺なんかはCOMPACT3でベターマンが出てきたときはじめてチャラい作品が出てきたなと思った。
その後第二次αでガオガイガーブレンパワードが出てきたときもそう思った。
今ではスパロボの顔役みたいになっているが、俺に言わせたらガオガイガーひいては勇者シリーズなんて全部チャラいのである。
だけどこの頃はまあまだ従来の作品にそういう作品が2,3混じっているくらいだったのでよかった。
バランスが崩れたのはマジンガーガンダム、ゲッターの御三家がクビになり、フルメタ、SEED、宇宙の騎士テッカマンブレードみたいな作品が幅を効かせるようになってくるスパロボJあたりからだろう。
その後続々とコードギアスグレンラガンエウレカ蒼穹のファフナー等々チャラチャラした意味のわからない作品が参入してきて乱痴気騒ぎとなり、スパロボという作品は完全にイってしまうのだ。
最新作に至ってはカウボーイビバップスレイヤーズガンソード等々もはやロボットアニメでもない意味のわからない作品群が初参入している。(カウビサンライズ英雄譚に出てたりするが、あのときも違和感ありありだった。)
もはやチャラいというか、昔のスパロボなら絶対に出さなかったようなものまで出てくる始末。
寺田貴信バンプレストもIMPACTまでは全うな感覚をユーザーと共有していたと思うのだが、最近は一体何を考えているのか。たぶんライト層に媚びるあまり頭がおかしくなったのだろう。
一発ビンタでも食らわして正気に返さねば。