なんとなく、暮らしてる

800文字程度の雑文

見たアニメ

ナースエンジェル りりかsosを見た。

前半つまらなくて途中で見るのやめようかと思ったけど最後まで見てよかった。というのも最終回が面白いのよ最終回が。 えっ?と意表を突かれるような展開と渕崎ゆり子、石田彰両名の熱演、いいね〜。

ストロベリー・パニックを見た

ストロベリー・パニックは中高一貫の女子校が舞台なので設定上男はいないのだけど、そもそもこのアニメに男は出てこない。父親や兄弟といった近親者としても出てこないし、モブに至っても男の存在が描かれない。徹底した男の排除によって男が抽象的概念の域…

女子高生GIRLS-HIGHを見た

日本のアニメに出てくる女性キャラは男のこうあってほしいという願望や女のこうありたいと言う理想によって作られている 。そこへこの女子高生という漫画の作者が現実の女はこうであると言って斬り込んできた。俺のように梅津泰臣のMADでこのアニメを知った…

ぱにぽにだっしゅを見た

凝った演出に新しいことをやってやろうという制作陣営側の気負いを感じた。 それが結果的に2005年を代表する作品になり、アニメ史的にも重要な作品になったのだから辛苦は報われたと思う。が、見る側としては情報量の多さに疲れた。

ストラトスフォーを見た

ストラトスフォーはやたらとパンツが見えるアニメだ 。こういうの俺はけしからんと思う。 「わいせつだ!」とかそういう憤りではなくて「おまえらオタクはこういうのが好きなんだろう」と言わんばかりのわざとらしいぱんつの見せ方をする演出に怒っている。 …

苺ましまろを見た

キャラクターがボケて、すかさず別のキャラクターがツッコむ。 無関係な風景のカットがぱっぱっぱっと3カットぐらい続いたあと再びキャラクターが喋り出す。そしてまた風景のカットが続く。 苺ましまろは「間」を大事にしている。この「間」というのは日本…

ギャラクシーエンジェルを見た

ギャラクシーエンジェル(一期)を見た。結構面白かった。 しかし30歳の男が美少女SF系ギャグアニメを見て「結構面白かった」というときの面白さというのは、総視聴時間338分のうち「ははは…」という3秒程度の短い笑い声が漏れることが4~5回あったかなかっ…

Zガンダムを見た。

ガンダムはMSのデザインだとかMS同士の戦闘シーンに注目が集まることが多いのだけど、富野由悠季が手掛けたガンダムは正直言って戦闘なんて白兵戦でもドッグファイトでもなんでもよくて、戦闘もとい戦争をダシにした人間同士のやりとりの中に妙味があると思…

シスタープリンセスのアニメを見た。

シスター・プリンセス RePureみたいに兄一人妹一人の独立したエピソードから成っているのかと思っていたら全然違った。 プロミストアイランドに島流しになった主人公の航がウェルカムハウスで12人の妹たちと同居することになるという結構強引な展開だった。…

THE八犬伝の感想

1話、2話と視聴を続けるたびに?マークが増えていく。 謎が解けたときにそうだったのかと膝を打つような面白さに変わる類の?ではない、苦痛を伴う類の?である。 いつ面白くなるのだろうかと腕組みしていたら最終話がやってきて、人を煙に巻くような一方的…

ブギーポップは笑わない(2000年)の感想

このアニメは少し特殊な構成をしていて、各回は主人公の周辺人物の物語から成っている。 ある回で語り手だったキャラクターが別の回ではモブに後退し、ある回でモブだったキャラがまた別の回では語り手になるというふうに、彼ら一人ひとりの紡ぐ話が物語の外…

NHKにさよならできない

漫画版「NHKにようこそ!」の第一巻が発売されたのは俺が不登校になるかならないかの頃で「自分のことが書いてある」ってな感じのシンパシーを覚えながら貪り読んだ。 あの頃はひきこもりという言葉もそれをテーマにした漫画もまだ珍しかったのだ。 その後原…

ROD -THE TVの感想

1話2話3話を見て、名作の予感がして、4話で翳りが差し始め、以降の陰々滅々とした展開に辟易し、飽きてしまった。結局最後まで見たけど。 4話で具体的に何が起きるのかというと世界征服を目論む組織の登場だ。 この組織が話に絡んでくるようになってから、三…