なんとなく、暮らしてる

800文字程度の雑文

小説嫌いが好きな小説とは

小説が嫌いな理由。
実用書は知識を授けてくれるけど、小説は実生活に役立つようなことをなにも与えてくれないから。
それで小説なんぞを読んでいると時間を無駄にしているような気分になってだんだん嫌になる。(時間なんていつも無駄にしているようなものだけど)
俺がたまーに小説を読むのは、良い小説に出会って晩年にまた読み返したりしたいと思っているから。映画とか、アニメもそう。
晩年になってロッキングチェアーにでも揺られながら死ぬまでの時間を好きな作品を読み返しながら過ごしたい。その計画のために数十冊読んできたが、いいなと思ったものは少ない。
サン・テグジュペリの「人間の土地」(訳文は堀口大學)と
ヘルマン・ヘッセの「シッダールタ」
冗長的な描写が多いけどドストエフスキーの「罪と罰」もよかった。
日本だと夏目漱石とか二葉亭四迷の「浮雲」くらいだろうか。
俺は基本的に嘘の話が嫌いなんだと思う。随筆とか紀行文は割と好きなので。
映画はどうなるんだという話だけど、あれは2時間くらいなので許せる。それに比べて小説は拘束時間が長く数十時間も嘘の話に付き合わされるというのがたまらない、途中でイライラしてくる。
だから俺にとっていい作品というのはこのイライラを感じることが少ない作品だ。


文学に向いてない。

志賀直哉の短篇集「小僧の神様」を読んでいる。
いくつか読んだけど、作風が菊池寛っぽいなと思った。
世代も近いし互いに意識してたのだろうか。
菊池寛じゃりン子チエの花井先生のモデルになった人物らしいということでそれで知った。
で、はるき悦巳志賀直哉も描いたらこんな感じだろうかと思ってさらさらと。なんじゃそりゃって感じの想定だけど。
f:id:kurashiteru:20190810192412j:plain

商業作家を以て任ずる菊池寛と違って、志賀直哉はなまじ文学の面をしているから苦手だ。というか小説も文学も苦手なんだけど。
たとえば「城の崎にて」という短編。瓦の上に横たわる蜂の死骸の行く末について思ったり、偶然殺してしまった井守の死骸を眺めてくよくよと生と死について考えたり、全体的にうじうじしていて気持ち悪いなあと。
こういうなよなよした自意識の表白を文学というのなら俺はやっぱ文学自体が苦手だと思う。じゃりン子チエは好きだけど。

ぼくのズルやすみ

f:id:kurashiteru:20190808174327j:plain

朝起きて学校行きたくないと思う。
とりあえず体温計で体温を計る。当然熱はない。
起きていの一番に学校に行きたくないと思うのは元気の証拠だ。
そこで体温計に息を吹きかける、こすって摩擦で温度を上げるなどして母親に見せる。
小学校低学年のころは母親もだまされたフリをしてくれていたが、中学年(?)(3~4年頃)にもなるとそうはいかない。行きなさいと。
しかしこっちも誰よりも学校に行きたくないので粘る。
泣いたり、暴れたりしてズル休みを勝ち取るのである。
高学年、中学生になったら俺も成長して姑息な手は使わなくなった。
潔く「今日は行かん」の一言で済ます。
母親もこのごろはこいつは将来ろくなものにならんと悟ったのか「はいそうですか」とひきとって、学校に電話をかけて仕事に行く。

さて、学校をズル休みして何をやっていたかというと大体次のようなもの。
母親が仕事に行ったのを確認してから布団から出て、リビングのテレビでとくダネを見る。
終わったら広島の地方局は通販番組か、ローカル番組を流すのでNHK教育Eテレ)を見ながら本や漫画を読んだりする。
そうこうしているうちに学校では給食の時分になる。
こちらは仕事から帰ってきた母親と一緒に昼飯を食べている。
学校のチャイムを聴きながらやっぱり行けばよかったなあとか思う。
テレビは大体「笑っていとも」を映している。
午後二時からはザ・ワイド一択。それから夕方四時のアニメタイムまで暇つぶし。
さあ待望のアニメだというころになると近所に住む友達が連絡網を持ってきて、明日の時間割を知る。
端のほうには班のみんなが「早く元気になってね」みたいなことを書いていて、なんとなくうしろめたくなり明日は行こうとなる。
あとの過ごし方は普段と変わらず。中学生になるとここにBSとゲームが加わる。

よくニート毎日が夏休み最終日なんていうけど、あれは言い得て妙だなあと思う。
俺に言わせるならニートは毎日がズル休みだ。
あのころ感じていたクラスの人に対するうしろめたさが世間に対するうしろめたさに変わっただけ。
こうしてブログを書いている間にも、ゴロゴロしながら草稿を考えている間にも、何をしているときにだっていつもそこはかとない後ろめたさがついてまわる。
それがニートでありひきこもりなんだと思う。これがなくなったら多分ただの無職になってしまう。
ここまで書いてふとニートとひきこもり、殊にひきこもり、HIKIKOMOLIというのは状態じゃなくて精神性のことかもしれんと思った。ソウルヒッキー。


スーパーロボット大戦α 特殊誕生日(4月30日 B型 天才)の使用感

f:id:kurashiteru:20190807183728j:plain

(クスハは全キャラ中で最もSPが高くなると聞いた)

スーパー系主人公 

4月30日 B型 天才

気合(1) 必中(5) 奇襲(10) 戦慄(30) 捨て身(37) 愛(40)

回避系のコマンドがないのが痛いけどスーパー系で念動フィールドもあるので結構耐える。

序盤は開幕「気合」カウンター狙いの「必中」瞬間火力の「奇襲」のおかげで意外と苦戦を強いられない。使い所を間違えたらさすがに撃墜されるけど。

中盤「捨て身」を覚えたら一気にボスキラーへと変貌。なぜなら「捨て身」+最強武器ですべてのボスを一撃で倒せるようになってしまうので。ユーゼス(ラスボス)なんかも一撃で葬れるくらい強力。

f:id:kurashiteru:20190808184216p:plain

あと特殊能力が「天才」なのでやっぱりレベリングはかなり楽だった。

「戦慄」「愛」は使い所なし。

 

スーパー系の恋人は龍虎王のサブパイロットとして登録されるため、サポート系精神が揃った特殊誕生日と相性がよい。 

 1月2日 B型 SP回復 
努力(1) 再動(1) 補給(31) 大激励(33) 奇跡(36) 復活(48)

「奇跡」はマップ兵器で資金稼ぎのお供や、主人公のSPが切れているときの火力ブースト用などに。

その他にも「再動」「大激励」「復活」等々レアな精神が揃っている。

 

スーパー系の搭乗機はグルンガストだが、龍虎王への改造引き継ぎがないため改造はほどほどに。

自分はENを240、ブーストナックルを2550程度まで改造。

最強武器マキシブラスター(だったっけ?)の改造はほとんど趣味の領域だと思う。

フル改造+「捨て身」でブリタイ艦を撃墜できたりするけどレアな強化パーツを落とすわけでもなし完全に自己満足。

強化パーツはミノフスキークラフトorミノフスキードライブ

変形したら空を飛べるけど、飛行形態だとブーストナックルが使えないので隙だらけになる。

 

スーパー系46話「龍と虎」でやっと龍虎王に乗り換えられる。

グルンガストの時代は主人公機が主力だったけど、このへんまでくると他にも強いユニットが仲間になっているので相対的に影が薄くなる。

が、やはり龍虎王は強い。最終話手前までEN以外未改造でも不足を感じないくらい強い。というか前に書いたように最強武器+「捨て身」であらゆるボスを葬りされるのであまり改造の必要がない。「奇跡」+マップ兵器もあるので対雑魚戦でも隙なし。

 

 

 

 

日本映画 ぼくの300本 (文春新書)  感想

手にとってパラパラめくったらこれ全部見るまで死ねないなあというこの世への未練が生まれてしまった。
さすがに300本全部見るのは無理かもしれないし、そこまで映画フリークでもないんで道半ばで飽きそうだけど映画を選ぶときの参考にしたい。
双葉十三郎は2009年に99歳で没しているが、90歳を超えても最新の映画を見てあれはいいとかこれはダメとか言う姿勢は見習いたい。
俺なんか現代の映画は全部クソだと決めつけてはなっから見ないもんね。

YouTubeで公開されている無料映画③

浪華悲歌☆☆☆☆
www.youtube.com


重くなりがちなテーマを関西弁を操る演者たちが軽快にさばいていくのがいい。溝口健二の中では一番好きな映画ですな。

祇園の姉妹☆☆☆
www.youtube.com

好対照な芸子の姉妹が世間に翻弄される話。漫画的でところどころ笑える。

支那の夜☆☆
www.youtube.com

戦前にヒットしたそうだけど、レイワの今になって見ると前時代的なメロドラマ臭がぷんぷんして好きになれない。全然関係ないけど山口淑子を見ていたらチャイナ服が描きたくなる。

父ありき☆☆☆
www.youtube.com


父と子。お互いがお互いのことを想っているのがよく伝わってくる映画。
二人が並んで渓流で釣りをするシーンがよかった。

長屋紳士録☆☆☆
www.youtube.com

小津映画だけどあんまり小津っぽくない。ヒューマニズムが全面に出すぎているせいかね。


NHKにさよならできない

漫画版「NHKにようこそ!」の第一巻が発売されたのは俺が不登校になるかならないかの頃で「自分のことが書いてある」ってな感じのシンパシーを覚えながら貪り読んだ。
あの頃はひきこもりという言葉もそれをテーマにした漫画もまだ珍しかったのだ。
その後原作もちらっと読んだけど滝本竜彦の独りよがりな作風がどうも好きになれず、好きだった漫画のほうはどんどん迷走していき、全巻揃えたのはほとんど惰性だった。
たしかコミックスの四巻が出たころにアニメ化されたんだったか、このアニメ版はよかった。
あんまりアニメを見返すってことはしないのだけどNHKにようこそ!だけは何度か見返している。
アニメ版が一番うまくまとまっているし、ひきこもりという問題に対して真面目に向き合っている感じがして好きなのだ。
主人公の佐藤くんの年齢は22歳で、漫画が世に出た頃は俺よりはるかに年上だったのに、今でははるか年下になってしまった。しかも俺は15年近くひきこもりのまんまで。
一応説明しておくとNHKとは「日本ひきこもり協会」の略称で、つまり日本ひきこもり協会にようこそと言っているわけだけど、一度入会したが最後NHKにさよならはいくつになってもできそうにないよ俺ァ。(もはや他人事) 

f:id:kurashiteru:20190726141315j:plain

そうえいば佐藤くんと岬ちゃんもそらで描けるなあ。